ftl Bussiness School

東京都指定多機能型事業所(事業所番号:1311901670)

求人情報|就労移行支援事業所・就労継続支援B型事業所|東京都板橋区「ftlビジネス・スクール」「ftlビー・ワーク」

働くことを通した成長をサポート

ftlの特長

  • 就職率75%定着率91%を実現する就労移行支援、就労継続B型事業所
  • 障がい者の「働くことを通した自己実現」を徹底サポート
  • 障がい福祉サービスにありがちな綺麗ごとに身を任せない支援
  • 一人一人を見つめて行動する、机上の空論に逃げない支援
  • 「欲求・要望」ではなく「ニーズ」を見抜く支援を目指す
  • 支援プログラムの起点を、常に支援対象者ひとりひとりのニーズに置く
  • 根幹にリアリズムを持つ、ニーズに即したプログラムの実践
  • 個々の特性に応じた、健康で現実的な職業観が育つ場であること
  • 単なる訓練の場ではなく、社会の中において生産者であることを自覚できる場を常に目指していること
  • 働くことを通して自己有用感を持ち、社会と折り合って生きていく自信を持てる場を常に目指していること

(1)ftlビジネス・スクール、ftlビー・ワークとは

障害者総合支援法に規定される、国の福祉サービスを実施する事業所です。当事業所は、「就労移行支援」と「就労継続支援B型」のサービス提供を行っています。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/naiyou.html#14
主な対象者は、知的障がいや発達障がいを持つ人達です。ただし、それ以外であっても当事業所の特性を生かせそうな人であれば、利用の対象となります。
就労経験のない人から、離職後に社会復帰を目指す人まで、様々な年齢の男女が対象になります。

(2)訓練・支援の内容について(特に正規職員)

訓練内容は、実際に働くという経験を通して、社会に対する自己有用感を獲得してもらうことをベースに、働きながら就労の継続に必要な持久力・習慣・社会規範・対人関係・スキルを身につけて行くものになっています。
また、対象者が就職した後の支援として、家族や関係支援者との連携や企業(職場)への支援があります。
直接支援業務には、様々な形がありますが、その判断基準は支援者の価値観ではありません。対象者の自立が危うくなることのないように支援を行うことを第一に考えます。
 
支援とは、傾聴するだけでは成り立つものではありません。そこには、高度な駆け引きも含まれます。また、積極的な働きかけも必要になります。どのような態度をとるにせよ、相手の特性(知)と境遇(情)に接近できなければ、アプローチは成功しません。支援者にとっては、高度なコミュニケーション能力(共有能力)を要求される内容ですが、それ故に達成感は大きなものになります。

(3)私たちが考える支援スタッフの概念(特に正規職員)

私たちは、以下のような支援者を目指します。
  • 健康で現実的な職業観を持つこと
  • 対象者に向け、働く姿勢を体現し、感化することができること
  • 対象者がより良い方向へ向かうために、ストレートに議論できること
  • 組織に使われるのではなく、組織を動かして(創って)対象者を救うための戦略を持てること
  • 自分の価値観よりも、「最短で対象者が健康的に働けるようになること」を優先できること
  • より困難なケースに向き合える様になることが、自らの成長であるということを理解していること
  • 対象者の自立を困難にする隘路を見つけ、一緒に突破することが使命であることを理解し、実践すること
  • 「何を伝えたか」ではなく「どう伝わったのか」に集中できる支援者になること
  • 相手の事情を理解し、それに合わせて伝え方を工夫することができること
  • また、うまく伝わらない場合、それを支援技術向上のバネにできること
  • 対象者に一目置くことができること

主任候補職業指導員(正社員・フルタイム)

仕事内容:

  • 知的・発達障がい者を対象に、就労自立を目標にした直接支援を行います。
  • 支援を通して、働くことや生きることをサポートしていくことで、多くの感動に遭遇する、やりがいのある仕事です。
  • 目指していただきたい支援者像については、『私たちが考える支援スタッフの概念』をご覧ください。
  • 具体的な任務については、『訓練・支援の内容について』をご覧ください。
  • 主任候補として、支援現場のリーダー役を担っていただきます。
職種主任候補職業指導員(正社員・フルタイム)
雇用期間雇用期間の定めなし
学歴専門学校卒業以上
経験等就労系障がい福祉サービスにおける実務経験3年以上。 知的・発達障がい者への指導・支援経験者。PC基本操作。
賃金250,000〜350,000円(基本給:200,000〜230,000円、職務手当:50,000〜120,000円、役職手当:0~80,000円)
締支払日締日:毎月15日 / 支払日:毎月22日(当月払い)
通勤手当上限あり 毎月15,000円まで
加入保険雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
就業時間9:30〜18:00(平日)、9:30〜12:00(土曜) 時間外無し
休日週休二日制隔週(土日)、日祝、年末年始、夏季休暇、有給休暇
試用期間3ヶ月 労働条件変更あり 基本200,000円+手当30,000円=230,000円
その他●サービス管理責任者の実務経験要件を満たしている方優遇。
 http://www.shougaifukushi.metro.tokyo.jp/Lib/Download.php?sqid=2235
●応募の際には、事前に電話またはフォームよりご連絡ください。詳細をご案内いたします。
●小論文のテーマについては、ご連絡いただいた際にお伝えいたします。

職業指導員(正社員・フルタイム)

仕事内容:

  • 知的・発達障がい者を対象に、就労自立を目標にした直接支援を行います。
  • 支援を通して、働くことや生きることをサポートしていくことで、多くの感動に遭遇する、やりがいのある仕事です。
  • 未経験でも、上記の『私たちが考える支援スタッフの概念』をご理解いただける方であれば、歓迎いたします。
  • 具体的な任務については、『訓練・支援の内容について』をご覧ください。
  • 経験者や一般企業で働いた経験のある方は、歓迎いたします。
職種職業指導員(正社員・フルタイム)
雇用期間雇用期間の定めなし
学歴専門学校卒業以上
経験等未経験者可。 企業で働いた経験のある方。 知的・発達障がい者の就労支援に興味のある方。 PC基本操作。
賃金220,000〜280,000円(基本給:200,000〜230,000円、職務手当:20,000〜50,000円)
締支払日締日:毎月15日 / 支払日:毎月22日(当月払い)
通勤手当実費 上限あり 毎月15,000円まで
加入保険雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
就業時間9:30〜18:00(平日)、9:30〜12:00(土曜) 時間外無し
休日週休二日制隔週(土日)、日祝、年末年始、夏季休暇、有給休暇
試用期間3ヶ月 労働条件変更なし
その他応募の際には、事前に電話またはフォームよりご連絡ください。詳細をご案内いたします。
小論文のテーマについては、ご連絡いただいた際にお伝えいたします。

職業指導員(パートタイム)

仕事内容:

  • 知的・発達障がい者を対象に、就労自立を目標にした支援を行います。
  • 障がいを持つ人たちの働くことをサポートしていくことで、その成長と多くの感動に遭遇する、やりがいのある仕事です。
  • 障がいを持つ方たちが取り組む仕事や課題について、その流れを把握していただき、支援現場が滞りなく業務遂行できるようにする役割です。
  • 支援計画担当職員(正社員)の補佐的な業務内容になります。
  • 経験の有無は問いません。上記の『ftlの特長』を理解し、具体化する意思のある方であれば、歓迎いたします。
  • 企業で働いた経験のある方であれば、未経験でも歓迎いたします。丁寧に指導します。
  • 軽作業が中心であり、重い物を持つようなことはありません。体を動かすことを厭わない方が適しています。
  • 子育て中のお母さんも活躍中です。
  • 適正や条件が折り合えば、正社員登用もあり得ます。
職種職業指導員(パートタイム)
雇用期間3ヶ月(契約更新の可能性あり)
学歴専門学校卒業以上
経験等未経験者可。 企業で働いた経験のある方。 知的・発達障がい者の就労支援に興味のある方。 PC基本操作。
賃金1,000〜1,200円 / 時給
締支払日締日:毎月15日 / 支払日:毎月22日(当月払い)
通勤手当実費 毎月5,000円まで
加入保険労災保険、(週20時間以上勤務は雇用保険)
就業時間9:30〜16:00 週5日 時間外無し
休日土日祝、夏季休暇、有給休暇(法定の通り)
試用期間3ヶ月 労働条件変更あり 時給930円
その他応募の際には、事前に電話またはフォームよりご連絡ください。詳細をご案内いたします。

運営会社・フェスティーナレンテ株式会社について

運営会社名の由来は、ラテン語で『ゆっくり急げ』という意味です。
じっくりと丁寧に取り組むことが結果的に時間の節約に繋がるという考え方から来ています。これは、就労自立を目指す人たちにとっての要諦と言えます。
それをそのまま社名にし、障がい福祉サービスを行うために誕生した会社が、フェスティーナレンテ株式会社です。

一日の流れ

職員全体の打ち合わせをします。全体としての注意事項や連絡事項の確認をします。
受講生(利用者)全員が集まり、勤怠情況の確認をします。各担当支援スタッフは、健康状態なども含め、受講生の様子をさりげなく確認します。その日の支援プランについて、微調整をする大事な時になります。
受講生・職員共に、各部署に別れて、その日の打ち合わせです。業務内容の確認を行い、仕事に取りかかります。支援にあたるスタッフは、上司として指示を出し、一緒に働きながら部署として割り当てられている仕事の進捗状況を確認します。支援スタッフは個々の事情に配慮した支援計画を念頭に置き、受講生と共に働き、ミーティングなどで振り返りながら、支援や指導にあたります。
昼休み。各々昼食と休憩をとります。仲間同士で雑談する人、疑問点を質問する人、一人でゆっくりと過ごす人など、様々です。それぞれ、午後の仕事に備えます。
みんな、5分前精神で12:55には持ち場に待機。午後の仕事が始まります。午前、午後と通して、様々なことが起こります。注意力、集中力、持続力、労働習慣、マナー、報連相など、働き続けるために必要なことは、働いてみて初めて分かるものです。働く現場で気付く一つ一つのことが成長のきっかけになります。その一つ一つを可能な限り見逃さずに生かすことが支援の要諦です。まさに、支援者の眼力・判断力・行動力が問われる場面です。
各部署で終礼が行われます。受講生にとっては、一日の締めくくりにあたり、ここで経験したことの意味づけをすることで、翌日をより良いものにすることができます。支援スタッフにとっても、とても大事な局面です。公共心を養う効果がある掃除や片づけの作業を終えると、受講生が退勤します。
現場スタッフのミーティングを行います。本日の業務連絡や、支援に関する重要な共有事項は、この時に漏らさず確認します。翌日の予定も確認しておきます。
ミーティング後は、各々で記録を入力したり、必要な連絡をとったりするなど、集中して残務を片づけます。行き詰まりそうなことがあれば同僚や施設長に相談するなど、それぞれが有効に時間を使います。翌日の準備も済ませて退勤です。お疲れ様でした。

就労ストーリー

先輩Aさんのストーリー 「もう、無理」の向こうに自分の居場所があった。

「人間関係の難しさを乗り越えさせ、本当の社会参加を」

私が職員になって最初に担当した女性、Aさんの話です。
彼女には複雑な過去があり、時折、幻覚が見えたりします。

精神的に弱く、トラブルがあるとすぐに泣いてしまうこともあります。仕事でうまくできないことがあると、すぐにかたまってしまうこともしばしばでした。

私は積極的に彼女の話を聴いたり、トラブルに陥ったときには、なるべく具体的な対処法をスピーディーに示したりすることを心がけてきました。やがてAさんは事務補助の仕事で就職が決まりました。
ところが、3ヶ月ほどすると、同僚とうまくいかず、パニックになって電話をしてきました。

「辞めようかな。もう無理」
「ちょっと待って。何があったか、話してみて」

せっかく就職しても、定着できなければ意味がありません。私は先方の企業とも連絡をとり、席の配置の変更などを提案し、その場を乗り越えました。
本人は、その対応を大いに前向きに受け止め、今は4年、同じ企業で頑張っています

今、彼女は職場のなかでリーダー的な存在になっています。ひとつずつ着実に仕事をこなしていくこと。すべてが思うようにはならないのだと理解させること。仕事の難しさよりも、人間関係。いやになってしまう理由は、平均的なひとと同じなのだと思います。
今、生き生きと働く彼女に会うのが楽しみです。

先輩Bさんのストーリー「きっとあなたを必要としてくれる会社があるよ、と励まし続けて。」

「二人三脚で大手印刷会社に合格!」

知的障害で全くコミュニケーションがとれなかったBさんのことが印象に残っています。
彼女が就職するまでには3年ぐらいかかりました。たいてい、1年から2年で就職が決まっていきますので、少し時間がかかりました。

「Bさん、おはようございます!」

そう声をかけると、踵を返してダッシュで逃げます。人と人とのかしこまった雰囲気に弱く、逃げ出したり、泣き出したりしてしまうのです。
私は根気強く、徹底的に声をかけ、引き止めて挨拶をやり直しました。向こうから話しかけているような気がするときでも、目が合うまで話さないようにしました。

1対1のビジネス・コミュニケーションに持ち込めるよう、怒らず、粘り強く目を見て話すことを繰り返したのです。少しずつ、Bさんは進歩しました。そしてなんとか人の話に耳を傾けられるようになったとき、二人三脚で企業の面接に行きました。
でも、何度か不採用の通知をいただくことになりました。

「大丈夫、きっと、Bさんを必要とする会社があるよ。だから、頑張ろうね」

Bさんは悲しそうでした。私は彼女に向く仕事の種類も考えました。
そして、とうとう、大手印刷会社への就職が決まったのです。原稿のスキャニングなどを担当し、積極的に働いているそうで、会うと笑顔で報告してくれます。
何よりも「仕事」で得た張り合いが、彼女をさらに変えたようです。

スタッフインタビュー・ftlを支える仲間達

  • 働く幸せの土台をつくる 施設長 高原浩

    人が社会に出る、というのは何を意味するのでしょうか。私はそれを「自尊心と対価を得る」ことだと思っています。社会人としてとしてお金を回せる存在になり、それによる自信が正しくもてること…

  • 一人ひとりに必要なことを早く見つけて共に磨きます 職業指導員 北村麻衣

    小学校のとき、同じクラスに知的障害をもつ女の子がいました。彼女はいじめられていました。私は「なんでいじめられるんだろう」と、ぼんやり考えているだけでした。でも、進路を選ぶときに、そのことが心にひっかかっていることに気づいたんです。それで…

  • 良い労働習慣 良い人生に導く

    私は以前、国立の障害者職業訓練校にて職業指導の現場で働いていました。そこでは全てプログラムが決まっていて、学校のようにテキストやワークサンプルでの仕事やグループワークのみで毎日進行していきます。実際の企業や社会とつながる…

  • 企業と連携し、できることを役立つことに

    10年以上前になりますが、人材サービス会社のアウトプレイスメント部門で仕事をしていました。リストラされた人に就職支援をする仕事です。全てのひとが突然の整理解雇という現実に適応できるとは限りません。うつ病などを発症されてい…

地図・交通

就労移行支援事業所ftlビジネス・スクール
就労継続支援B型事業所ftlビー・ワーク

〒175-0094  東京都板橋区成増2-23-1 太郎第2ビル1F~3F
東武東上線「成増駅」より徒歩3分
東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」より徒歩3分

成増駅までのアクセス

  • ・池袋駅から10分
  • ・練馬駅から19分
  • ・渋谷駅から29分
  • ・横浜駅から55分

応募連絡・お問い合せ

応募連絡フォーム/見学予約・ご質問もお気軽に。ご不明な点や、もっと詳しく知りたい事項など、お気軽にお問い合わせください。【TEL】03-6904-1095【受付時間】9:20~18:00

メールフォーム

* は必須項目です。

お名前*
ふりがな*
直近(現在)の勤務先
郵便番号*
住所*
電話番号*
連絡可能な時間帯
メールアドレス*
年齢*
性別*
応募職種* 主任候補職業指導員(正社員) 職業指導員(正社員) 職業指導員(パート)【※現在応募受付停止中】 お問い合わせ
当事業所を知ったきっかけ*
お問合せ内容*